BW-S100 蜜ろう S 100g 《質・香/良》(ハンドクリーム、カヌレ、ラップ用・残留検査済みフルバリネート残留値0.31mg以下・・国産・ミツロウ)

《今回の蜜ろうはいい香りがします。いつもこのような香りではありませんのでご了解ください》
残念ながら、世界中のほとんどの蜜ろうには養蜂で使用するダニ剤のフルバリネートが残留していることがわかりました。蜜ろうSタイプは、残留薬剤検査をして、なるべく値の低いものを選んで販売しています。今回は、残留値が《0.31mg/kg(ppm)》の極微量を検出した蜜ろうです。この値は、私達が食べるりんご0.5ppm、ナシ0.7ppm、イチゴ0.7ppmなどにアブラムシ防除などに使われる同じフルバリネート残留基準値よりも低い値です。ご理解の上ご購入いただけましたら幸いです。

※蜜ろう化粧品で過去にアレルギー性の皮膚炎や腫れを経験した方は使用しないでください。別頁のオーストラリア産蜜ろうをおすすめいたします。

詳しくは下記をご覧ください↓

【Sタイプ蜜ろうについて】
 近頃、蜜ろうを使った化粧品でアレルギー性のかぶれや皮膚炎を引き起こす事故が起きています。二つの原因が考えられます。一つは、ミツバチに巣枠の中に巣を作らせる際に、巣礎とよばれる蜂の巣模様の蝋のシートをはさみこみます。この巣礎は、六角形が壊れないよう硬い石油系のパラフィンを蜜ろうに混ぜて作られているのです。ですから、精ろうの際に巣枠ごと溶かしてしまえばパラフィンが混じってしまうことになります。
 また、養蜂業では、採蜜の終わった秋になると、ミツバチの身体に寄生するダニを、巣内に薬剤をぶら下げて落とす作業があります。ミツバチの健康を考えると必要不可欠な作業ですが、その薬剤の「フルバリネート」は、脂溶性のため蜜ろうに大変残留しやすい性質を持っています。ダニ剤が残留しているのは、やはり巣枠の古い巣の部分です。
 採蜜の時は、たくさんハチミツを蓄えさせるために、巣枠と巣枠の間隔を広げて、巣を盛り上げさせ巣穴を深く作らせます。巣穴が蜜で満タンになると新鮮な蜜ろうでフタをします。採蜜の際はこのフタを切り取って遠心分離機に入れます。ハチ蜜の森キャンドルの蜜ろうは、おもにこのフタの部分の蜜ろうです。
 しかし、新鮮なフタの蜜ろうといえども、深く切ってしまえば、残留している古巣が混じってしまいます。そこで、ハンドクリームやお菓子用の蜜ろうは、残留薬剤の有無を山形県理化学分析センターで検査してもらい、非検出もしくは残留値の低い蜜ろうのみをSSタイプとして販売することにいたしました。

しかし、検査を繰り返すにつれ、全く残留していない蜜ろうの採取は大変困難なことがわかりました。2018年から自家養蜂場の蜜ろうを含め、採取にこだわった蜜ろうを10回以上検査しましたが、非検出は1度だけで、他はどれも微量ですが残留が見つかりました。

ちなみに、あえて古巣の混じったこだわらない収穫をした蜜ろうには10倍量の1 mg/kg越えの残留がありました。

蜜ろうについては、国で決められた農薬残留基準値が設けられていませんので、私たちが普段食べている農産物に含まれている同じ薬剤フルバリネートの農薬残留基準値に基づき(例えば、りんご0.5ppm、イチゴ・ナシ0.7ppm、柿1ppmなど)、それ以下の値の蜜ろうを、Sが一つ足りない「Sタイプ」として、検査結果を公表しながら販売するようにしております。

ご不明な点は、どうぞお電話やメッセージでお問い合わせください。
電話 0237-67-3260

--------------------------------------------------------------------------------------

● 脱色・着色はしていません。花粉がもたらした天然色です。
● 脱臭・着香はしていません。腐臭もしません 。
● 精製は「湯洗い」と「微細濾過のみ」です。
●遮光袋に入れてあります。

*重 量:約115g(袋含む)
*薄い板状に固めたものを砕いています


■簡単なハンドクリームの作り方

【準備するもの】
・蜜ろう
・植物オイル:酸化しづらいホホバオイル、オリーブオイル、ココナツオイルなど。なるべく有機栽培で、酸化防止剤が入っていないもの。
・アロマオイル:香りで癒されたい場合。
・プロポリス液:坑炎症作用を高めたい場合。
・容器:なるべく遮光瓶か、ブラスチックであれば耐熱性があるもの。
・小鍋、湯せん用の小鍋
・かき混ぜるスティック

【作り方】
①作りたい量の蜜ろうと植物オイルを小鍋に入れ湯せんで溶かします。おすすめの比率は、蜜ろう1:オイル4です。ですから、たとえば50gのクリームを作るとしたら、10gの蜜ろうに40gのオイルを入れます。
※オイルの量の割合を増やせば柔らかく塗りやすいクリームができますが、保湿力は蜜ろうが多い方が強いそうです。

②溶けたら湯せんからはずし、よくかき混ぜます。容器に入れてできあがり。
※プラスチック容器に入れる場合は、なるべく冷ましてから入れてください。
※アロマオイルは、初めから入れると香り成分が揮発してしまいます。湯せんからはずして少し冷めてから入れます。
※プロポリス液はアルコール抽出しているので、蜜ろうが液体のうちに入れると分離して混ざりません。容器に入れて固まりはじめたら、お好みの量を入れてスティックで混ぜ合わせます。



■簡単な蜜ろうラップの作り方

【準備するもの】
・蜜ろう:15gあれば、20×20cmの大判ラップが作れます。
・布:器の大きさに合わせて、何種類かあると便利です。
・ドライヤー
・ナイフ
・アイロン
・アイロン台
・新聞紙
・クッキングシート

【作り方】
①蜜ろうをドライヤーで温めて柔らかくし、ナイフで米粒大のチップ状に刻みます。
②アイロン台の上に新聞紙を敷き、その上にクッキングシート、そして布を置きます。
③蜜ろうを布の上にパラパラと置きます。クッキングシートを重ねます。
④アイロンを当て、蜜ろうを溶かします。
⑤蜜ろうが布に染みていない部分に蜜ろうを補充し全体に染み込ませます。
⑥冷めたらクッキングシートを外してできあがり。

¥ 1,320

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は1点までのご注文とさせていただきます。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 定形外郵便 S

    梱包材料費、梱包手数料なども含みます。

    全国一律 ¥ 500
  • ゆうパック 60サイズ

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥ 1,080
    • 東北

      • 青森県 ¥ 850
      • 岩手県 ¥ 850
      • 宮城県 ¥ 850
      • 秋田県 ¥ 850
      • 山形県 ¥ 800
      • 福島県 ¥ 850
    • 関東

      • 茨城県 ¥ 850
      • 栃木県 ¥ 850
      • 群馬県 ¥ 850
      • 埼玉県 ¥ 850
      • 千葉県 ¥ 850
      • 東京都 ¥ 850
      • 神奈川県 ¥ 850
      • 山梨県 ¥ 850
    • 信越

      • 新潟県 ¥ 850
      • 長野県 ¥ 850
    • 北陸

      • 富山県 ¥ 950
      • 石川県 ¥ 950
      • 福井県 ¥ 950
    • 東海

      • 岐阜県 ¥ 950
      • 静岡県 ¥ 950
      • 愛知県 ¥ 950
      • 三重県 ¥ 950
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥ 1,080
      • 京都府 ¥ 1,080
      • 大阪府 ¥ 1,080
      • 兵庫県 ¥ 1,080
      • 奈良県 ¥ 1,080
      • 和歌山県 ¥ 1,080
    • 中国

      • 鳥取県 ¥ 1,280
      • 島根県 ¥ 1,280
      • 岡山県 ¥ 1,280
      • 広島県 ¥ 1,280
      • 山口県 ¥ 1,280
    • 四国

      • 徳島県 ¥ 1,280
      • 香川県 ¥ 1,280
      • 愛媛県 ¥ 1,280
      • 高知県 ¥ 1,280
    • 九州

      • 福岡県 ¥ 1,510
      • 佐賀県 ¥ 1,510
      • 長崎県 ¥ 1,510
      • 熊本県 ¥ 1,510
      • 大分県 ¥ 1,510
      • 宮崎県 ¥ 1,510
      • 鹿児島県 ¥ 1,510
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥ 1,520

※¥ 15,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

ショップの評価

RELATED ITEMS

  • Home
  • About
  • Blog